カードを交換している人達

社員証の歴史

黒いソファと応接室

社員証と言うのは本来、自身が社員の一員であると言う証明をするためや従業員の管理を行うために発行されて来ました。カードのデザインとその種類やほとんどなく、どこの会社でも似たようなタイプのものが普及しており、IT化も弱い状況にありました。しかし、現在ではIT化してセキュリティ管理も兼用するようになったため、少しずつ社員証と言うものの捉え方が企業側でも変わって来るようになりました。ただ名前と写真を載せるだけではなく、その会社特有の雰囲気をカラーやデザインに取り入れて作ったり、その他の様々な社員情報を含めるようになりました。半分は名刺のような役割を果たしながらも、それ一枚あるだけで信頼性の非常に高くなる身離せない重宝されるアイテムへと変化して行ったのです。

今後は社員証発行でも効率化を図る事が注目される一方で、その個性を演出する方法にも注目が集められます。効率化と両立させるためには、それぞれのカード発行を取り扱っている業者が提案しているテンプレートデザインを参考に作る事が重要になります。予めサイトで紹介されているので、自社に合ったタイプを選んでそこから業者を決定すると言う方法もあります。それぞれの名刺は正規のデザイナーが担当している所も多いので、選ぶのに非常に迷ってしまう程豊富なレパートリーのある所もあります。ポップで可愛らしいイメージのものや、シックでオシャレなものまで、企業のイメージをより惹きたててくれる雰囲気を持つデザインを選ぶのが社員証制作のコツです。